スーツの基本3スタイル

スーツの基本3スタイル

スーツは一見するとどれも同じ形に見えますが、そのシルエットやディテールを見ていくと、実は大きく違います。大きく分けて英国、伊国、米国の3スタイルをベースにしていることが多いので、今回はそれを解説します。


ブリティッシュスタイル

ブリティッシュスタイルは構築的なフォルムが特徴的なスーツスタイル。胸の厚みを強調し、男性的な力強さを表現したスーツが多いのが特徴です。肩幅はきつくない程度にややタイトで、肩線が湾曲し、袖山が盛り上がったコンケープドショルダーがしばしば用いらます。乗馬服の名残りとされる斜めに配されたスラントポケットや、右ポケット上につけられるチェンジポケットも多く見られるディテールです。


イタリアンスタイル

イタリアンスタイルは英国のスーツをルーツにしながら、個性を重視したフォルム、着心地、エレガンスを重視したスタイルです。セクシーさの表現といった要素が大変重要で、ヒップラインを強調するため、比較的着丈が長めのものが多く見られます。ショルダーラインは北イタリアのブランドがやや構築的なのに対し、南イタリアのブランドはナチュラルショルダーとなる傾向が強いです。ウエストラインは適度に絞られ、やわらかい生地を高い縫製技術で立体的に仕上げているのは職人技術のたまもの。おもなディテールにバルカポケットや玉縁ポケット、本切羽といったものがあります。


アメリカンスタイル

アメリカンスタイルは合理性に基づいたスタイルといえます。最大の特徴は絞りの少ないウエストラインで、俗にボックスシルエットと呼ばれます。これはどんな体型の人でも着られるようにという配慮から生まれたもので、ダーツも入っていないものが多いです。肩はナチュラルショルダーで、人間の肩のラインに合わせて傾斜する自然なものが主流。ベントは中央に1本スリットが入るセンターベントであることが多く、なかでも上部に90度の布地留めがあるフックベントは、アイビーやアメリカントラッドの代表的ディテールです。

着こなしのヒント目次に戻る
TOPに戻る

このページのトップへ
カテゴリー
ブランド
コラム
着こなしのヒント
用語集
本・雑誌・DVD
リンク集