気に入った定番品は複数買いする

気に入った定番品は複数買いする

自分スタイルがだんだんと出来上がってくると、着まわしがきくモノは自ずと登場回数が増えてきます。当然、同じものを繰り返し毎日のように着れば、消耗も早くなります。そのため、気に入った定番品は何枚かでローテーションすることをおすすめします。

全く同じものを購入するのには抵抗がある、という気持ちがわからなくもありません。どうせなら色やデザインを少し違うモノを買った方が、着こなしの幅が広がるのではないか、という意見にも一理あるとは思います。

しかし、それでもあえて同じものを選ぶのが着こなしのコツなのです。全ては自分スタイルの完成のためです。

たとえば、色のバリエーションを増やしたところで、どうせ着るものと着ないものが出てくるのがオチ。それならば確実に着るものだけでワードローブを構成した方が、洗練されているし経済的にもいいと思います。

ある料亭の女将さんの話です。常連さんで大変オシャレで身なりもきちんとしているのですが、いつも同じ格好という老紳士がいらっしゃったそうです。それを不思議に思い、ある日女将さんはこっそりと預かった上着に印をつけました。そして後日やってきた時にその印を確認したところ、印が無いのです。つまり、その老紳士は同じ上着を何着も持っていて、丁寧に手入れをして着ているというわけ。

これこそがスタイルのある男のお洒落という気がするのですが、いかがですか。

着こなしのヒント目次に戻る
TOPに戻る

このページのトップへ
カテゴリー
ブランド
コラム
着こなしのヒント
用語集
本・雑誌・DVD
リンク集