ダウンについての基礎知識

ダウンについての基礎知識

ダウンジャケットはアウターの定番アイテムです。たくさんのブランドからリリースされていますが、デザインだけで選んでいませんか?高い=良質という考え方は決して間違いではありませんが、いくつかのポイントを押さえるだけでダウンの品質を見極める目を持つことができます。これからダウンジャケットを買おうかと検討している方、今持っているダウンジャケットのケアの仕方がわからない方などに、ぜひ知っていただればと思います。


ダウンとは

ダウンとは、水鳥のおもに胸部分にある羽軸を持たない羽毛のことです。まず、鳥は大きく分けて水鳥(ダックやグース)と陸鳥(ニワトリなど)に分けられます。ダウンが取れるのは水鳥の方からで、その毛はダウンとフェザーに分けられます。ダウンは羽軸がないので毛のボールから放射状に羽が伸びているような形をしています。これをダウンボールと呼びます。空気の層を多く含むので保温力が高く軽いのが特徴です。一方、フェザーは羽軸がある毛のことで私たちが「羽根」と呼んでいるものはこちらになります。

よいダウンの条件

よいダウン製品の条件は、ダウンとフェザーの混合率で測ることができます。ダウンが多ければ多いほどよいダウン製品と言え、ダウン90%以上なら最高品質のものと言えるでしょう。逆にフェザーが30%以上になってくると、ダウンを表から手で押さえると羽軸が感じられるようになってくるので、ブツブツした感じがするようなら、それほどダウンは多くないと考えられます。現在、日本国内で流通している羽毛アパレル製品にはダウンの混合率表示が義務化されていますので、品質表示を見ればわかります。

フィルパワーについて

ダウン製品の紹介で出てくる指標の一つに「フィルパワー」という用語があります。これはダウンの復元力のことで、ダウンボールが大きい羽毛ほど復元力が高く、保温性も高いです。つまり、フィルパワー=保温力と考えても差し支えありません。一般的に良質とされる数値は550フィルパワー以上とされ、中には900フィルパワーなんて製品も存在します。気をつけたいのは数値をそのまま鵜呑みにしないこと。フィルパワーは国によっても計測方法が違いますし、原料メーカーの自己申告をそのまま品質表示に載せているケースが多いので、製品化されたダウンのフィルパワーは実測値とは言い難い幅がある数値なのです。アウトドアブランドの製品は比較的信頼性が高いと言えますが、アパレルブランドのフィルパワーは原料メーカーの申告値そのままというケースの方が多いでしょう。

ダウンの見極め方

せっかく高いお金を払ってダウン製品を買おうと思っても、どういったダウンがいいダウンなのかがわからないと判断ができません。デザインだけで選んで粗悪なものを掴まされないためにも、よいダウンの見極め方を覚えておきましょう。

まずはタグや品質表示をチェックしましょう。品質表示法により、日本国内で流通しているダウン製品にはダウンとフェザーの混合率まで表示されているはずです。もし、その表示がなければ品質管理に疑問が残りますが、品質表示ラベルは海外製品の場合日本で取り付けていることも多いので、店員さんに確認した方がいいでしょう。変にごまかすようであれば、そういった店では買わない方が無難です。

次にダウンを表から触ってみましょう。ボリュームがあるところを少し押してみたりして、ブツブツした感じがすれる場合はフェザーが多い可能性が高いので、品質表示の数値と合わせて合致するかどうか見てください。ちなみに復元が早いものほどフィルパワーが高いので、保温力も高いと言えます。

臭いを嗅いでみるというのも、良いダウンを選ぶ上では有効な方法です。ケモノ臭や変な臭いがする場合は、ダウン洗浄時のすすぎが足りない可能性が高く、そういったダウンは中で雑菌が繁殖していると考えられます。

羽毛の飛び出しがないかどうかも大事なポイントです。縫製が甘かったりするとどんどんダウンが抜けていってしまいますので、ぜひチェックしてください。


コラム目次に戻る
TOPに戻る

このページのトップへ
カテゴリー
ブランド
コラム
着こなしのヒント
用語集
本・雑誌・DVD
リンク集