バーブァー(Barbour)

バーブァー(Barbour)

■1894年英国サウスシールド港で衣料品販売店として創業
■創業者はジョン・バーブァー
■ビーコン油引きの布で作られた衣料品は英国全土及び海外にまで知られるようになる
■1908年 海外からの需要に応じるために初のカタログを製作
■1917年 戦時体制に入り軍需中心の生産を余儀なくされる(1920年には元通りに戻る)
■1930年代 ワックスコットンが開発される
■1954年 ダンカン・バーブァーによりモータースポーツにおけるバーブァーの高機能が証明される
■現在に至るまで英国製を貫き、世界的規模でのリペア体制も築いている
■ロイヤルワラントを授けられている英国王室御用達ブランドである


定番商品

バーブァーはワックスコットンで作られた製品で有名な英国王室御用達のブランドです。エジプト綿に特殊なオイルを染み込ませたワックスコットンは独特なヌメリ感と匂いがありますが、着込むほどにシワや擦れがアタリとなって風合いが出るエイジングを楽しめる生地です。最近はキルティングジャケットやバッグにも人気が集まっていますが、せっかくバーブァーを着るのなら、ワックスコットンの生地でできたものを1着は選びたいところ。定番としてはスナップボタン式サイドスリットを持つ乗馬用ジャケットでバイクウェアとしても人気の「ビデイル」や、もともとは狩猟用として開発され背中に大きなポケットが付いている「ビューフォート」が人気です。特にビューフォートはジャケットの裾がちょうど隠れるくらいの着丈があるため、スーツの上に羽織るといったコーディネートがヨーロッパでよく見かけるスタイルです。


公式サイト

http://www.barbour.jp/


商品検索

バーブァー(Barbour)のアイテムを楽天で探す  click!!


参考ブランド

バーブァー(Barbour)を見た人はこんなブランドを見ています。

調査中

このページのトップへ
カテゴリー
ブランド
コラム
着こなしのヒント
用語集
本・雑誌・DVD
リンク集