オールデン(ALDEN)

オールデン(ALDEN)

■1884年米国マサチューセッツ州ミドルボロウで創業のシューズブランド
■創業者はチャールズ.H.オールデン
■カスタムシューズメーカーとしてはじまり、既成靴の製造は1950年代ごろから
■1892年、工場拡張でノースビアントンに移転
■1931年、ターロウ家と提携を結びブロックトンに移転
■1963年、モディファイドラスト誕生
■1969年、ミドルボロウに工場が完成し、本社が創業の地に戻り現在に至る
■1980年、オールデン日本初上陸。ファッション関係者の間で口コミで広まる
■1994年、ラコタにより国内本格展開開始
■現在の社長は4代目のアーサ・ターロウ氏
■トムブラウンが愛用しているシューズとしても人気


定番商品

オールデンの定番商品を語るには、まずラスト(木型)から説明した方がいいでしょう。国内に入ってきているオールデンのシューズは、大きく分けて4種類のラストが使用されています。

一つ目は1950年代初期にドレスコンフォート用として開発されたバリーラスト。その代表的なシューズはラスト990を使用したプレーントゥです。これをオールデンの定番と言う人が多いほど人気の1足で、近年ではトムブラウンが愛用していることからも注目度が高まっています。やや長めのヴァンプと狭めの履き口で足の甲をすっぽり包み込むため、履きやすい木型といえるでしょう。少しぼってりと野暮ったい感じがいかにもアメリカ靴といった趣を醸し出しています。

2つ目はVANラストです。1960年代初期に生まれたこのラストの定番といえばペニーローファーでしょう。ブルックスブラザーズ別注のVANラストのローファーこそが、日本にオールデンが上陸したころに話題となったモデルなので、昔からオールデンを知っている人にとってはまさにエバーグリーンといえる存在です。国内に入ってきているVANラストはオリジナルに若干の修正が加えられ、より日本人の足に合った作りになっています。

3つ目はモディファイドラストです。ハンディキャッパー用のオーソぺディックシューズを開発してきたオールデンが、1963年にそのノウハウを注ぎ込んで健常者用に開発したラストで、オールデンならではの木型といえます。現在もドレスラインとしてはオールデンのカタログに載っていないのですが、1979年にフランスの名店アナトミカのピエール氏によってファッションアイテムとして提案されたことの影響を受けて、日本ではドレスシューズとして広まっており、定番アイテムとして外羽根Vチップが多くのショップで展開されています。

4つ目はミリタリーラスト。第ニ次世界大戦中に軍の要請で制作されたラストで、定番アイテムもタンカーブーツのようにいかにも軍の将校などが履いていそうなデザインが中心となっています。

上記の他にもラストはいろいろと存在しているので、シーズンによってセレクトショップの別注といった形でこれからも登場することでしょう。オールデンの履き心地が気に入ったなら、毎シーズンいろいろと見ていくと、長く付き合えるブランドだと思います。

公式サイト

http://www.aldenshoe.com/(公式HP)

http://www.lakota.co.jp/alden.htm(輸入総代理店ラコタ公式HP)

商品検索

オールデン(ALDEN)のアイテムを楽天で探す  click!!

参考ブランド

オールデン(ALDEN)を見た人はこんなブランドを見ています。

調査中

このページのトップへ
カテゴリー
ブランド
コラム
着こなしのヒント
用語集
本・雑誌・DVD
リンク集